流れとポイントなど

wifiレンタルについて

男の人

レンタルサービスの背景

中部国際空港をはじめ、ほとんどの空港でwifi機器レンタルができるようになっています。空港でwifi機器のレンタルサービスができるようになっている理由として、海外でデータ通信を使用した際の通信料金を抑えるためです。

簡単に申し込みができる

仕事、もしくは旅行で海外に行くとなった場合、wifi機器は借りていた方がいいでしょう。上記に説明があるように、データ通信料金を抑えるためです。wifi機器のレンタルはネットで簡単に申し込みができるようになっているので、何も難しいことはありません。

利用から返却までの流れ

機器をレンタルして利用するまでの流れですが、とても簡単です。Webで利用の予約をして、出発日に空港の専用カウンターで機器を受け取るだけです。帰国後の返却は受け取りと同じく、専用のカウンターで返却手続きをします。宅配返却など手間がかかることがありません。

レンタルwifiの選び方

選び方を確認しよう

レンタルwifiですが、利用から返却の流れだけでなく選び方も確認しておきましょう。レンタルwifiのサービスを提供している会社の数は多く、プランの内容や利用料金は異なります。通信も料金も最適なところを選べるようにしておくといいでしょう。

目的別で選んでみる

通信量が多いほうが良い、利用料金が安いほうが良いなどいろんな目的から海外wifiが利用されています。通信量や利用料金以外だと知名度、受け取りと返却方法、充電器のレンタルが可能かといったものがあります。

充電器のレンタルについて

機器とセットで充電器もレンタルできるところ、そうでないところがあります。そのため、申し込みをする前には充電器のレンタル内容の確認も必要です。個別でのレンタルとなった場合、利用料金が追加されてしまうので注意が必要です。

受取手数料も確認する

利用料金や通信量のことばかり考えて、受取手数料について見落としてしまうことがあります。海外wifiの受取手数料ですが、1台当たり480円からになっています。業者によっては割引サービス、クーポン配布などがあるので上手に活用して出費を抑えるようにするといいでしょう。

補償もある

海外は国によって、治安が悪いところもあります。また紛失、故障してしまう可能性もあるので、補償サービスも申し込みをしておいたほうが良いでしょう。補償の内容も業者によって異なることがあるので、前もって確認しておきましょう。

広告募集中